『WAGOー和合ー』最新号のご案内

神社と「和」の幸せ情報誌

WAGOー和合ー』 27

201841日発売)記事内容 

●【大特集】蘇りの時

・稲田美織/神宮礼讃「蘇りの時」

・植松規浩/よみがえる日本〈皇居勤労奉仕の始まり〉

「昭和16(1941)年12月生まれの所功先生と共に皇居勤労奉仕に参加することができました。

 天皇・皇后両陛下と皇太子殿下のお姿を間近で拝見できた感動は、とても言葉では言い尽くせません。真心込めて国民のことを祈られている御心がひしひしと伝わってきました。日本の「国体」というものが、ようやく理解できたと思います。

 そして、所先生から伺った皇居勤労奉仕のまり「みくに奉仕団」のお話も、すべての日本人が知っておくべきことだと思ったのです。今回は所先生のお話をご紹介いたします。」植松規浩 

・兼子好恵/天皇皇后両陛下、ありがとうございます  

・伊豆国一の宮・ 三嶋大社宮司 

 矢田部盛男・佐々木優太「蘇り」の地にて

・「和合友の会 和の道」塚田昌久×石田秀輝生命を蘇らせる

 

「石田先生はご自身で免疫機能を上げて、悪性腫瘍を駆逐したと伺ったのですが、本当ですか?」塚田昌久

「そもそも僕は、「ネイチャーテクノロジー」という自然の凄さを賢く使うという研究をやっているのに、どうして自分が病気になった時には西洋医学の医者へ行くのか? それは変だと思ったのです。もっと自然に期待して良いのではないか、とじっくり考えてみて、第二階層、第三階層の世界へ行き着いたのです。

 

 どんな動物も病気になったら一切何も食べないで地面にべたーと伏せてじっとしています。病気の時に栄養を摂ろうという動物はいません、人間だけが例外なのです。本来、人間も自然の一部なのですから、私も同じことをしたわけです。」石田秀輝

 

・藤原美津子天命の蘇り、国家の蘇りの時 

・草場一壽 ×旺季志ずか人はみな神様である 

「僕が訴えたいのは、僕たちがこの世に生まれてくる前にはお父さん、お母さんがいる、その前におじいちゃん、おばあちゃんがいる、そのまた前にはひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん……、最終的に数えられないくらいたくさんのご先祖様がいて、今ここに自分が存在している。先祖の誰か一人でも欠けてしまえば存在できない。宇宙のはじまりからずっと繋がっていて、僕たちがあるのです。

 大自然があり、環境があり、様々なものがこの一人の人間を生かそうとどれだけ繋がっていったか、ということに思いを馳せた時、誰一人、魚一匹、ミツバチ一匹、どれ一つ欠けても、僕たちは存在しなかったと知る。そういったことが神道の精神ではないか、と僕は思っています。

 

 そして未来永劫、僕たちが生かされ、楽しみながら生きていくためには、人間だけが幸せに、人間だけが良いという世界はもうここで終わりだと思っています。すべてのものを八百万の神々として崇め、畏敬と畏怖の念を持っていた私たちのご先祖様の復活というのが、例えば瀬織津姫の復活でもあると思っているのですが……。」草場一壽(陶彩画家)

 

・「和合友の会 東京」中村佐千子

 水の神様に導かれて 

・【和合科学国際会議対談】タン・ウイ・シアン × 神谷光德

 アジアの肺を復活させよう 

・表博耀/プロジェクトフェニックス 

・金澤泰子・翔子/「生き抜く」 

 

●連載・琉球の杜 斎場御嶽(せいふぁーうたき) /久保田 敦

●連載・暮らしの中に神棚を /齋藤和胡×西口久美子× 窪寺伸浩 

●連載・神々の輪 神迎祭/Myu 

●連載・神社旅行の楽しみ  最上地方の小さな神社/渋谷 繁

●連載・神社の楽しみ方 炊き上げ/金子善光

●連載・失われゆく延喜式内社を求めて/オキタリュウイチ

●連載・神々の声を届ける/町田真知子

●作家魂が生んだ現代の神話『神さまと友達になる旅』/荒川祐二 

●神々しい果実のスイーツ /藤本智美・美弥

お問い合わせ

営業時間

平日9:00~18:00

※日曜 定休

Tel & Fax / E-Mail

TEL: 090-3817-7360

FAX: 03-6277-8203

mail: sugi-t@wk9.so-net.ne.jp

Facebook: 

https://www.facebook.com/wago.mag?fref=ts

 

 

お問合わせはこちらから