『WAGOー和合ー』最新号のご案内

神社と「和」の幸せ情報誌

WAGOー和合ー』 25

2017101日発売) 記事内容 

特集/光を求めて

神宮礼讃 稲田美織

 

神楽伝承フォーラム  神楽伝承国会議員連盟

「鹿島神宮カード」の誕生/レーサー鹿島

神様が舞い降りた書「神」/ 金澤泰子・翔子

「紅天女」と美内すずえ先生

・山で見る神の光「ご来光」/藤原美津子

・和合科学国際会議対談/更家悠介 × 神谷光德 「きれいごと」が生かされる時代です

目先の利益でなく「世界の衛生、環境、健康に貢献する」と いう企業理念を貫いた結果、現在の成長があるとサラヤ代表取締役社長・更家悠介氏は言います。更家社長が提唱しているのが「きれいごと」の実践。東南アジア・ボルネオ島での生物多様性保全活動、アフリカ・ウガンダの手洗い推進運動をはじめ、世界中で日本の良き企業精神を実践しています。更家社長に、真の成長へと導く精神を語っていただきました。 

 

母なる大地に抱かれて/植松規浩

・命の「光」に導かれて/早川千晶

・暮らしの中に神棚を/佐々井秀嶺× 窪寺伸浩 「共に学び合い一つになるべき時代です」

「宗教とはそもそも人間と人間がお互いに仲良くし、生命の尊重をもって、自由と博愛の精神をもって、平和な国家を建設していくためのものです。仏教の本来の使命もそれなのです。即身成仏するとか、悟りを開くとか、極楽往生するとかが目的のように思われていま すが、そういうものではないのです。 私は常に、民衆と密着した 仏教というものを目指して おります。民衆を教え導き、 民衆から教え導かれるのです。」佐々井秀嶺 

 

●連載・ 一の宮を巡る 第十六回 遠江国一の宮・小國神社/佐々木優太 

●連載・ 摂津国一の宮・坐摩神社/渡邉紘一× 塚田昌久 

●連載・ 神の道を行く 石見国一の宮・物部神社/マークエステル

●連載・ 神社旅行の楽しみ 伊雑宮の御田植祭/渋谷 

●連載・ 神社の楽しみ方 遷座祭/金子善光 

●連載・ 神々の輪 普天満宮/Myu

●連載・ 継承していくべき年中行事/八條忠基 × 金子善光×つつみ純子 ×東條英利

●神様が感じられる絵を 「出世開運の宮」高麗神社/中村佐千子

連載・ 阿波忌部氏直系 三木信夫氏に聞く/オキタリュウイチ

 知られざる践祚大嘗祭の秘儀・麁服神事とは何か?

阿波忌部は「践祚大嘗祭」における神事で、陛下が着る麻の麁服(あらたえ)を古代から現在もつくり続けている一族で、ヤマト王権以前の「国譲り」をした出雲連合国の大国主とも同一視されている一族です。

お問い合わせ

営業時間

平日9:00~18:00

※日曜 定休

Tel & Fax / E-Mail

TEL: 090-3817-7360

FAX: 03-6277-8203

mail: sugi-t@wk9.so-net.ne.jp

Facebook: 

https://www.facebook.com/wago.mag?fref=ts

 

 

お問合わせはこちらから