『WAGOー和合ー』最新号のご案内

神社と「和」の幸せ情報誌和合ーWAGOー』 第38号

(2021年1月1日発売)の記事内容 

●【10周年記念特集】神々の奇跡、生命の奇跡

・神宮礼拝/稲田美織(写真家)

「日出処日本」巨匠・横山大観の祈り

「日本画とは、形ある物を通して、物の背後にある霊性を描くものであり、客観的事実の写実的な説明ではない」

「自然を観て、そのものを描くのではなく、自然の霊性を、真実なる生命を表現するのだ」と、巨匠・横山大観は語っています。

・人の誕生の奇跡/藤原美津子(神道研究家)

・神業遺伝子をオンにする、笑いと「一万人のお宮奉仕」/中東弘(枚岡神社宮司)×塚田昌久 (「和合友の会 和の道」会長)

「神社のお掃除をすれば、魂が磨かれ、また生き生きとして活性化され、無限の能力が働いて、神業が出てくるのではない でしょうか。神様のお力をいただいて幸 せになる秘訣は、神社のお掃除にありで す。そして、神道の心を子供たちにも伝えていかなくてはなりません」中東弘(枚岡神社宮司)

・俳句と神道/鹿又英一(俳句結社「蛮の会」主宰)

・随神の道を行く杦田勘一郎(スギタグループ代表)

400年前、徳川家光あたりから先祖が辿れるという杦田家。現当主・杦田勘一郎氏は、今も築280年以上といわれる茅葺の家に住み、神社や伝統文化の素晴らしさを伝える活動に取り組んでいます。

平成28年には、梅田の北新地に曾根崎恵美寿社という新たな神社を創建しているのです。まさにご先祖様、神様に導かれてきた若きリーダーの活動をご紹介します。

・必然の中の奇跡/岡田能正(近江八幡・賀茂神社禰宜)

・太陽に向かって生きる/画家・太陽 大西幸仁×植松規浩(株式会社アルプクエルジャパン代表取締役)

・令和三年は一番重要な年です小林芙蓉(書家)×画家・太陽 大西幸仁×植松規浩(株式会社アルプクエルジャパン代表取締役) 

もう表に出していかないと、このままでは間に合わない、と書画家・小林芙蓉氏は語り始めました。日本が直面している危機、空海と真名井御前のこと。そして、「これからは国や社会のリーダーになる方は、 神仏に向かう謙虚で真摯な精神性が備わっているかどうか、すなわち、美しく清らかな心根を持っているか どうかが問われます」と訴えています。

・いのちを舞う/やまとふみこ(やまと舞舞主)

 

●仁淀川平家の杜 横倉宮・安徳天皇陵墓参考地/久保田 敦(歯科医・写真家)

●神々の意を伺う 石鎚山/町田真知子(神託コンサルタント)

●一の宮を巡る 伊勢国一の宮・椿大神社/荒川祐二(作家)

神社は不変なものではなく、常に進化していくもの清水祥彦(神田神社宮司)×山崎敬子(民俗学者)

「江戸の下町にあった神田明神は、様々な災害の中 から、人々と共に立ち直る力と新しい文化を生み 出す場となってきた神社の伝統があります。今も その DNA が非常に色濃く残っており、時代の困難 を乗り越える度に、常に新しいことに挑戦してき ました。神田明神の DNA には、そのような仕組 があるのではないか、と思っています」清水祥彦(神田神社宮司)

「神社は、三世代の心に刺さる空間なのです。 私は 7 年間地域活性化に取り組んだ結果、 新たに○○広場をつくるのではなく、神社と いう空間を使うことが日本のあるべき姿とい う結論に至りました。誰もが来れる、誰もが 居れる場所が神社なのです。そういう場所は ありそうでいて、実は無く、本来の日本人の 寄り合いの場だったのです」山崎敬子(民俗学者)

●神話の中に答えがある!市川緋佐麿(稲毛神社宮司)×市川和裕(稲毛神社禰宜×窪寺伸浩(神棚マイスター)

●神棚ガールズ誕生!

文化庁・伝統文化親子教室事業「小鼓で能の世界へ!」

●神々の輪 平松神社 深結(Myu)(アーティスト)

●「小さな神社を旅する」/渋谷 繁(神社写真家)

 

お問い合わせ

営業時間

平日9:00~18:00

※日曜 定休

Tel & Fax / E-Mail

TEL: 090-3817-7360

FAX: 03-6277-8203

mail: sugi-t@wk9.so-net.ne.jp

Facebook: 

https://www.facebook.com/wago.mag?fref=ts

 

 

お問合わせはこちらから