『WAGOー和合ー』最新号のご案内

神社と「和」の幸せ情報誌

『WAGOー和合ー』 第34号

(2020年1月1日発売)の記事内容 

●【大特集】祈りの原点

・神宮礼讃「令和を生きる」/稲田美織(写真家)

・出羽三山で生まれ変わる!

 宮野直生(出羽三山神社宮司)×

吉住登志喜(出羽三山神社 企画弘報室室長)×伊藤新吉(出羽三山神社 羽黒山参籠所料理長)×奥田政行(オーナーシェフ)×宮澤信幸(一般社団法人ソーシャルアントレプレナー協会 代表理事)×五十幡香奈(IYASAKA style 代表)

・生き残るためエコシティを /中島彰良(株式会社リーテム代表取締役)

・和合科学国際会議「令和の時代をいかに生きるべきか /小川榮太郎(文芸評論家)

・お金にも魂は宿る/岡田能正(近江八幡・賀茂神社禰宜)

・いかに令和を生きるのか?/藤原美津子(神道研究家)

・現代の名僧・山川宗玄老師/植松規浩(株式会社アルプクエルジャパン代表取締役)

・世界が驚くニッポンのお坊さんの「神仏習合」の心 白石あずさ(フリーライター&フォトグラファー)×窪寺伸浩(神棚マイスター)

 

●連載・世界平和に貢献する 映画と「一万人のお宮奉仕」  竹本克明(映画プロデューサー)×塚田昌久(「和合友の会 和の道」会長)

●連載・神々が教えてくれる「イザナギ、イザナミ」/草場一壽(芸術家)

●連載・俳句と神道/鹿又英一(俳句結社「蛮の会」主宰)

●連載・だんじりの杜 伊曽乃神社/久保田 敦(歯科医・写真家)

●連載・浅草神社 土師幸士宮司に訊く 深結(Myu)(アーティスト)

●連載・神々の意を伺う 隠岐諸島、檀鏡神社、隠岐神社/町田真知子(神託コンサルタント)

●連載・「御柱の立つ里」/渋谷 繁(神社写真家)

●連載・一の宮を巡る 信濃国一の宮・諏訪大社/荒川祐二(作家)

御魂に導かれた書/第10 modernart 木積凛穂書作展

奉納演奏の旅・大山祇神社/田代旭美

鹿島神宮のお膝元にある老舗の名店「清水屋」

 

『WAGOー和合ー』巻頭連載/「神宮礼讃」稲田美織

ニューヨーク同時多発テロを起点に、平和への鍵を求めて世界中の聖地を巡った写真家・稲田美織さん。ネイティブアメリカンの聖地からマヤ遺跡、ギリシャ、トルコ、アンコールワット、イスラエル、パレスチナ、ウクライナ、そして伊勢の神宮へと辿り着く。世界中の聖地を自らの足で回ることによって得られた「気づき」、そして「真理」。それは、これからの時代を生き抜くための「智慧」なのです。

 

『WAGOー和合ー』特別号(第7号)/大特集・金澤翔子の魂

内容例/書「雨ニモ負ケズ」と  金澤泰子

現世的なことにあまりに無知に生きている翔子が、「悟りの世界」に一番近いところにいるのではないかと思います。生まれながらにして翔子は、競争することを知らず、万物に優しい想いを寄せずにはいらでない、他者を想いやる曇りなき心がそなわっています。

想像してみてください。恨み、妬み、苦しみなどがなく、優しさと愛に満ちた世界を。めまいがするほど澄み切った美しい世界を。そんな世界に翔子は生きています。例えるなら、ジョン・レノンの『イマジン』の世界です。

「悟りの世界」とは、遥か遠くにあるのではなくて、今生きているこの世界、私たちの身のすぐ紙一重のところに広がっているのではないでしょうか。近代文明や科学、教育などに感化され、洗脳されてしまっている私たちにはそれが見えなくなってしまっているだけで、それらの近代の属性を削ぎ落とせば、本当の世界は清き光と生命の喜びに溢れているのでしょう。

 

お問い合わせ

営業時間

平日9:00~18:00

※日曜 定休

Tel & Fax / E-Mail

TEL: 090-3817-7360

FAX: 03-6277-8203

mail: sugi-t@wk9.so-net.ne.jp

Facebook: 

https://www.facebook.com/wago.mag?fref=ts

 

 

お問合わせはこちらから