すべての日本人に読んでいただきたい一冊です!

『いちばん大事な生き方は、伊勢神宮が教えてくれる』

著者/吉川竜実 

発行/サンマーク出版 定価/1,500円+税

 

何千年にも亘り日本人の信仰の中心であり続ける伊勢の神宮。そこには、日本人ならではの文化、暮らし、そして「生き方」の源流があります。 

その神宮に30年以上お仕えしてきた現役神官・吉川竜実氏だからこそ語れる神道の本質、素晴らしい世界観、宇宙観、人間観が、本書にはぎっしり詰まっています。

「神道的生き方」には、今と未来を生き抜く智慧があふれているのです。

今こそ、すべての日本人に読んでいただきたい一冊です!

 

吉川竜実(よしかわ・たつみ)

昭和391964)年大阪府生まれ。皇學館大学大学院博士前期課程修了後、平成元(1989)年、伊勢神宮に奉職。神宮禰宜、博士(文学)。平成21990)年、即位礼および大嘗祭後の天皇(現上皇)陛下神宮御親謁の儀、平成51993)年第六十一回式年遷宮、平成252013)年第六十二回式年遷宮、平成312019)年、御退位につき天皇(現上皇)陛下神宮御親謁の儀、令和元(2019)年、即位礼及び大嘗祭後の天皇(今上)陛下神宮御親謁の儀に奉仕。神宮徴古館・農業館館長、式年遷宮記念せんぐう館館長、教学課主任研究員。平成111999)年第1回・平成282016)年第3回神宮大宮司学術奨励賞、平成292017)年、神道文化賞受賞。

 

(目次より)

 神道の知恵は日本人の暮らしに根ざしてきた

 日本人は無宗教でなくあらゆる信仰を受け入れる

 参拝はおばあちゃんに会いに行く感覚でいい

 神道の基本は、罪や穢れを祓い清めることにある

 人は誰でもそのままでパーフェクトな存在

 神さまからの直感を受け取るための心得とは

 私たちの世界と神々の世界とは相通じている

 今どう生きるかが未来のすべてを創っていく

 あたりまえの日々を大事にするのが「神道的生き方」 

 

新しいお守りのかたち「つくえ守り」/小野照崎神社

つくえ守り 初穂料:1,000 円 授与開始: 2021年元旦

東京都台東区に鎮座する小野照崎神社が、新しい生活様式に合わせたお守り「つくえ守り」の授与を新年から始めます。付属の台座に立てて机に置き、机の前で神様と共に日常を過ごすための「小さな社」となる、置き型のお守りです。「机の前で過ごす時間が、実り多きものになりますように」との祈りを込めて奉製されました。

表面には御祭神や境内の狛犬や神使が描かれ、 神社の様子を伝えます。おおいを開くことで心を通わせることができるお守りです。1日の始まりや仕事、勉強の前、気持ちを新たにしたい時におおいをめくり、心を静めるひとときをお過ごしください。

 

小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)

110-0004 東京都台東区下谷2丁目13-14 電話 03-3872-5514 http://onoteru.or.jp/ 

852年創建 東京は下町 入谷に鎮座。 境内には重要文化財の富士塚も。 

御祭神は小野篁公。 平安初期を生きた詩文の大家で、 法律に明るく、 朝は朝廷に、 夜は冥界で閻魔大王の副官として仕えるなど、 多くの逸話が残されている「学問・芸能・仕事の神様」です。

お問い合わせ

営業時間

平日9:00~18:00

※日曜 定休

Tel & Fax / E-Mail

TEL: 090-3817-7360

FAX: 03-6277-8203

mail: sugi-t@wk9.so-net.ne.jp

Facebook: 

https://www.facebook.com/wago.mag?fref=ts

Twitter

https://twitter.com/WAGO924

 

 

お問合わせはこちらから